本文へスキップ
 快適な住まいのご提案!ショッピングプラザアワーズでお待ちしております!

電話でのお問い合わせはTEL.0883-35-7890

今月の お買い得商品は こちらへ!
各メーカー協賛商品や、展示商品の入れ替え時に行われる「処分セール」
の対象商品などの情報を、いち早くホームページで公開しております。

洗面リフォームdresser

自分の手で我が家をステキにリフォームした実例として、ごく普通の白いユニットの洗面化粧台が、DIYリフォームで温もりのある優しい雰囲気に大変身!
木枠の鏡や壁の白いタイル張り、木製の扉や陶器の水栓金具の様子をご紹介します。
DIYリフォーム実例!
最初から付いていた無機質な白い洗面ユニット


壁はビニールクロス貼り。樹脂製のキャビネットが付いた洗面化粧台。

水まわりのDIYリフォームで難しいのは、配管の移動が絡む工事です。同じサイズの洗面化粧台の交換でも、メーカーやシリーズが違えば給水管や排水管の位置が違いますので、配管工事が必要になることがあります。

Tさんも今回のDIYリフォームでは、では配管工事が絡まないよう、洗面ボウルと下部のキャビネットはそのまま残し、それ以外の部分の工夫で洗面所を変身させる事にしました。

壁はミルクティ色の塗り壁に、照明器具・鏡も交換

TさんのDIYリフォームは、壁付けのミラーキャビネットを外すところからスタート。ビス留めされているだけだったので簡単に外せました。

次は壁塗りです。ホームセンターでクロスの上から直接塗ることができる塗り壁材を購入。ラフなコテ跡を残しながら、ミルクティ色の温かみのある壁に塗り上げました。

照明器具は2つ購入し、並べて壁に取り付け。またパインフレームの鏡を注文し、壁面に直接取り付けました。(配線を伴う照明器具の取り付けには電気工事士の資格が必要です)

クロスの上からコテを使って壁塗り。鏡はパインフレーム。

キャビネット扉はスノコを塗装壁面タイル・飾り棚・水栓

ボウルがはめ込まれた下部キャビネットは扉を外して、2枚298円の桐のスノコを4枚を使って新しい扉を製作しました。そのスノコ扉は薄く白くペイントし、アンティーク調の取っ手を取り付けてあります。

鏡の下と洗面ボウルの間には、水はね防止のための白いタイルを貼り、ホームセンターで購入したパインの棚を壁面に取り付け。

水栓金具は樹脂のカバーが取り付けられていたのでそれを外し、陶器製のハンドルを購入し交換しました。

キャビネットにはスノコの扉。水栓金具のハンドルも交換。

こんな感じに完成しました!
平凡な洗面台ががあっと驚く大変身


DIYリフォーム後の様子です。ミルクティ色の塗り壁に木と白いタイルが映え、残した白い洗面ボウルが生きた空間になっています。タオル掛けや小物にもこだわって自分らしさを演出、本当に大好きな空間にすることができました。



洗面化粧台に少し手を加えるだけで、これだけの変身ができます。全てを自分ひとりで頑張るのではなく、自分の手に余る部分だけ専門業者に頼むという方法もあります。自分で手間ヒマかけてリフォームすることで、更なる愛着も湧きます。これがDIYリフォームの一番の魅力です。

店舗写真



.




information店舗情報

まるわかリフォーム

〒771-1703
徳島県阿波市阿波町伊沢田88
TEL.0883-35-7890
FAX.0883-35-7754
→アクセス